人に安心感とゆとりを与える日本伝統の木造住宅

HOME » 天井, 施工事例 » 折り上げ(おりあげ)格天井

折り上げ(おりあげ)格天井

折り上げ天井です。お寺で見ることができる天井ですが、一般の住宅でも使われます。「一番良い天井は?」と聞かれた場合、この天井を挙げます。和室の天井のデザインはもともとは、「防犯のため」に、このような形になったようです。矢が飛んできた場合、矢が天井の枠で止まって中の人間に当たるのを防ぎます。以前紹介した「竿縁天井」も同じ原理です。格天井は、四方から放たれた矢を防ぐために四角の枠が作られたそうです。四方から飛んでくる部屋って天守閣ぐらいだったそうですが・・・(笑)。ということで、天守閣に造るような格式のある天井です!

PS(業務連絡):写真は当社オリジナルの「無垢材」をプレカットした商品です。「無垢材」のプレカットのご用命は当社にお申し付けください。また、材料支給の場合も承ります。

|2009-02-24|