人に安心感とゆとりを与える日本伝統の木造住宅

HOME » COOL&BEAUTY, 新着情報 » リニューアル!!「自然木テーブル」コーナー

リニューアル!!「自然木テーブル」コーナー

「自然木テーブル」コーナーをリニューアル!!

日曜大工が趣味の方、必見!

「板」という字が、「木」に「反る」と書くように、

「板」は、乾燥する時に反ったり、ねじったりします。

その状態の板を、「反りを取る(抜く)」という作業をしてから、

テーブルやカウンターを作ります。

 

しかし、その「反りを取る」という作業がなかなの、難敵なんです。

プレーナ-という機械を使うとできるのですが、この機械は機械の大きさによって

仕上げのかかる巾が決まってします。

プロの大工さんが持っているもので、大体1.2~1.4尺(36~43cm)巾ぐらいのものまで

しか仕上げれません。

それよりも大きいものは、手で仕上げるしかありません。

慣れた大工さんで、一枚仕上げるのに半日かかるそうです。

 

プレーナー仕上げの部門を持っている工場も、いいところ巾60cmが限界です。

既製品のテーブルのサイズが、だいたい、巾540mm×長1500mmですので、

既製品サイズのものは十分対応できるのですが、それよりも大きいものはやはり

手で仕上げるしかありません。

 

当社の持つプレーナ-は、最大1200mm巾まで仕上げることができます。

リニューアルした「自然木テーブルコーナー」では、

技術的に難しい「板の反りを取る作業」をしたものを展示・販売しています。

|2013-03-17|